投資経験ゼロのド素人サラリーマンが5,000円でビットコインFXデビューしてみた結果

こんにちは、社畜ブロガーのはっしーです。

パチンコ、競馬、賭け麻雀……ギャンブルには一切手をつけてこなかったぼくですが、あまりにTwitterで仮想通貨投資(特にビットコインFX)が盛り上がっているのに影響を受けて、ついにビットコインFXに手を出してみました!

はっしー
みんな儲かってるなぁ!ぼくも儲かりたいわー!

投資はギャンブルとは違うし、手っ取り早く稼げるならいいなって思う一方、「FXって何かヤバイんじゃないのか?!」というビビリもありましたよ。




ビットコインFXの仕組み

初心者のために、まずはビットコインFXで儲ける仕組み、損する仕組みについて整理しておきます。

ビットコインとは:

仮想通貨の一種で、最も有名。円と同じような「お金」ではあるが、物質として実在するものではない。仮想の通貨。外貨と同じように、常に価値が変動する。

ビットコインの価値の変動を利用して、安く買って高く売ることによって利益を出します。

普通の実在するお店でも、物を安く仕入れて、儲け分を上乗せした価格で店頭販売しますよね。それと同じです。

ビットコインを買うことを「ロング」といいます。「ロングポジションを取る」とか言いますね。

チャートの動きを読んで、これからビットコインの価値(価格)が上がると思ったら「買い」を入れて、これから価値が下がりそうと思ったらその前に「売り」を入れれば、買値と売値の差異が儲けとなります。

もうひとつ、これは上級者向けですが、ビットコインFX特有の儲け方があります。

普通は物を持ってなければ「売る」ということができませんが、ビットコインFXの世界ではビットコインを所持してなくても(先に買ってなくても)いきなり「売り」を入れることができるのです。

これからビットコインの価値が下がると予想した場合、価格が下がる前に高値で「売り」を入れておいて、実際に価格が下がってから「買い戻す」ことによって、価格の変動分を儲けとすることができてしまいます。

これが最初ぼくには理解が難しかったのですが、全く同じものを10万円で一度売っておいて、8万円で仕入れし直せば、手元に2万円の現金が残るというようなイメージ。

ちなみに、ビットコインFXでは「売り」を入れることを「ショート」といいます。ロングに対してショート。「ショートポジションを取る」とか言います。

一方、損失のパターンはというと、高く買って安く売ってしまった場合ですね。

これから価値が上がると思って「買い」を入れたものの、予想に反して価格が下がってしまうことがあります。どんどんどんどん価格が下がり続けると、損失が膨らむ一方なので、その損失を最小化するためにも早めに売って「損切り」をすることがあります。

100%勝ち続けることは不可能なので、いかにこの損失パターンを抑えることができるかというのがビットコインFXの肝になるのです。

結果は惨敗……5,000円失いました!

で、実際ぼくの結果はというと、5,000円でデビューしてみましたが、惨敗ですね!一時は9,000円近くまで伸ばしたんですけどね!

このままコツコツ増やしていけば二次関数的に儲けが出せる!と思っていたのですが、あまり勉強もせずに挑んだことと、後述しますが使っていた取引所のスプレッド(手数料みたいなもの)のレート改悪などもあり、わずかな軍資金ですが失うハメになったのです。

使った取引所はGMOコイン

ぼくが今回使った取引所はGMOコインです。

当然、レバレッジ25倍で!

スマホアプリの使いやすさに定評があります。普通の女子大生が10万円の資金からスタートして1,000万円まで増やした話は界隈では有名ですが、彼女もGMOコインを使ってトレードをしています。

ただ、やはりそれでも最近のスプレッド(成約手数料みたいなもの)改悪は厳しいということで、コインチェックなど別の取引所に主戦場を移すかもというコメントもしていました。

厳しすぎじゃないかな。。

盛り上がってて、取引量もあって、一方向に大きく動く相場だったら利益出たんですが、びみょーな相場だとスプレッド負けします😖

未経験のぼくがトレードしたやり方

Twitterでいろいろな方のブログを読みながら、何となくやってみたという感じです。

画面上部にいろいろなヒントを出してくれる機能があるのですが、多くの方が使っている「移動平均線」と「ボリンジャーバンド」を表示させていました。

だいたいはボリンジャーバンドというグレーの帯の中で価格が変動します。

チャートの動きは結構法則性があるので、過去のチャートの動きで今の動きの局面と似ているところを探して、それをもとに予想するというやり方をしていました。

実際、予想に近い動きをしてくれることも多く、コツを覚え始めると買いや売りのタイミングも少しずつ雰囲気がわかってきました。

ただ、難しいのは予想と反した動きをしたときの損切りをちゃんとできるかどうかというところ。

損切りっていうのはマイナス確定することですし、「もう少しで反発して価格がガツンと上向くはず!」という都合のいい解釈をしてしまいがちなのです。

ただ、そういう感情でトレードをするとうまくいかないことが多いですし、実際Twitterでも多くのビットコインFXの先輩たちが同じことを言っています。

敗因は勉強不足とGMOコインのスプレッド改悪

チャートが予想通りに動いているときは資金5,000円のくせに一回のトレードで数千円儲けたりもしていい感じなのですが、予想が外れることが結構あって、チャートの読み方について勉強が足りなかったなぁというのが一番の反省です。

完全ノリというか、とりあえずやってみたっていう感じなので。

それも重要だったとは思いますが、それは授業料ということで、PDCAを回しながら自分の勝ちパターンを見つけていきたいです。

そのためには、まずはチャートがこう動いたらこうなる!みたいな基本的な考え方を学ばなければです。

その基礎があった上で、場面場面の雰囲気というか違和感というかを感じられるようになれるといいのかな。

デビュー戦は惨敗しましたが、「もう少し勉強してやり方改善すればいけるんじゃないか?!」というような手応えはあったので、まだまだ諦めずに敗者復活を目指していこうと思います!

FXというコトバにビビることはないことがわかった

ひとつ収穫があったとすれば、FXという聞くだけでヤバそうみたいなイメージが先行してしまいがちですが、実際やってみるとそうでもなかったですね。

一回1,000円程度からトレードできるので、実際それで買っても負けても本当数十円〜数百円くらいなものなんですよ。

安心なのは、「ロスカット」という仕組みがあって、万が一口座残高に対して耐えきれないほどの大きな損失が発生しそうな場合は即強制決済してくれるので、最悪でも借金みたいな話にはなりません。

数分〜数十分くらいのトレードで100〜200円の儲けを5〜10回やれば一日1,000円の儲けになるし、それを一か月やれば30,000円の収益になります。

損切りさえ間違わなければ大きく負けることはないのです。

もちろん資金が多ければもっと大きな収益を狙っていけますが、ぼくのような普通のサラリーマンが小遣いでやるくらいのイメージならこんなもんだと思います。

それを毎月続ければ雪だるま式?二次関数的に?収益も重ねていけるのではないでしょうか。

というか、当然、もっとドカン!!といく人もいるだろうから、とりあえず何事も経験だとぼくは思いますね!

まとめ

ということで、チャートの動き方とか売買のタイミングなどについてもう一度勉強してから出直してきたいと思います!

GMOコインはスプレッドが大きくなりすぎたので、取引量ナンバーワンの取引所で、結果を出してる方も多いビットフライヤーに乗り換えてやってみます!

ビットコインFX……結構スリルがあって楽しいです!

なんか、上がるか下がるかを当てるシンプルなソーシャルゲームみたいですよw

今は「仮想通貨の黎明期(=新しい時代、文化が始まろうとしている時期)」と呼ばれているタイミングでめちゃくちゃ盛り上がっているので、ちょっとでも興味のある方はぜひぜひ一緒に始めてみてほしいです!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

札幌でサラリーマンしながら雑記ブログ書いてます。ブログ歴1年で月間1万5000PV。仕事に関することや英語学習、札幌ローカル情報、その他発信してます。元体育教師。Amazon退職して今は上場企業の社員やってます。妻と娘と3人暮らし。

>> 詳しいプロフィールはコチラ